2009年03月06日

投資効率を100倍高める ビジネス選書&読書術

投資効率を100倍高める ビジネス選書&読書術

人気書評メルマガ『ビジネス選書&サマリー』を

8年発行し続けている経営コンサルタント、

藤井 孝一氏の本です。

正統派かつ実用的な読書術を提示されています。

読書の数々のメリット、本選びのノウハウ、

読書レポート・読書記録や書評の書き方など、

具体的に説明されています。

また「本選びに活かすメルマガやブログの紹介」や

「著者おすすめのビジネス書の紹介」は参考になります。

読書習慣のない方にもわかりやすく丁寧に書かれていますが、

読書を普段されている方にも勉強になる良書です。

また著者の「読書への熱い思い」を感じさせる力作です。

【目次】
第1章 読書がもたらす大きな力
第2章 本の洪水で漂流しない達人選書術
第3章 1日1冊読める! 読書術
第4章 読むだけじゃもったいない! ビジネス書活用法
第5章 読書活用の究極のゴール! 読書で人脈を作る
第6章 10万人を魅了するノウハウ公開! 読書レポートの作り方



藤井 孝一氏のその他のおすすめ本


ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓ご協力をお願い致します。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村


posted by kenbook at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徹底抗戦 堀江貴文 (著)

徹底抗戦

2年前に“国策捜査”で逮捕・起訴され、

現在、最高裁に上告中の元ライブドア社長・堀江貴文氏の本です。

当時はマスコミの一方的な報道ばかりで、

堀江さん自身はどう考えているのか、興味がありました。

マスコミは一方的でフェアではないな、と感じていました。

そんな日本中だれもが注目していた当時のことを

堀江貴文氏本人の目線で書かれています。

タイトルのとおり検察と徹底抗戦するという思いを強く感じます。

思えば、近鉄買収、ニッポン放送・フジサンケイグループ買収、

総選挙出馬など当時は非常に大きなことをされていたことを

再認識します。

堀江氏の著書などは読んだことはなかったのですが、

本書を読み、堀江氏の純粋さは感じたものの、

個人的には堀江氏の人間性に魅力をあまり感じませんでした。

逮捕まで読書をしない経営者であったことは驚きでした。

また堀江氏の現在の状況を作り出した原因は

法に対する認識不足、経営力の未熟さにあったのではないでしょうか。

一方で堀江氏の主張から、

報道の様々な嘘や「出る杭は打つ」ような日本の風潮に問題を感じ、

また権力の恐ろしさを感じます。

日本の起業について考えさせられる内容でした。

とても読みやすく、考えさせられる一冊でした。



ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓ご協力をお願い致します。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村



posted by kenbook at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。