2009年02月22日

シリコンバレー精神

尊敬する、梅田 望夫氏の著書

IT業界に関する本ですが、

生き方をも考えさせられる素晴らしい本です。

非常に変化の激しい物事の本質を

客観的な視点で捉えるのは難しい。

そんな難しいことに挑戦する著者の姿勢に感銘を受けました。

日本にも、著者の言うような「シリコンバレー型」のベンチャーが

次々と生まれる状況になると本当に素晴らしいですね。

著者の『「わかっていないことの面白さや混沌」の方へ

踏み出す生き方』に憧れます。

また著者を含めたシリコンバレーの、

「個人としてリスクテイクした生き方」に憧れます。

シリコンバレー精神の根底に流れる

「好きで好きで仕方ない」こととは、自分にとって何なのか。

それにしても、梅田 望夫氏の著書は

どれも非常に丁寧に書かれています。

常に完成度が高いですね。

本書のみならず座右の書にしたい本ばかりです。






ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓ご協力をお願い致します。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

posted by kenbook at 04:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。