2009年03月06日

徹底抗戦 堀江貴文 (著)

徹底抗戦

2年前に“国策捜査”で逮捕・起訴され、

現在、最高裁に上告中の元ライブドア社長・堀江貴文氏の本です。

当時はマスコミの一方的な報道ばかりで、

堀江さん自身はどう考えているのか、興味がありました。

マスコミは一方的でフェアではないな、と感じていました。

そんな日本中だれもが注目していた当時のことを

堀江貴文氏本人の目線で書かれています。

タイトルのとおり検察と徹底抗戦するという思いを強く感じます。

思えば、近鉄買収、ニッポン放送・フジサンケイグループ買収、

総選挙出馬など当時は非常に大きなことをされていたことを

再認識します。

堀江氏の著書などは読んだことはなかったのですが、

本書を読み、堀江氏の純粋さは感じたものの、

個人的には堀江氏の人間性に魅力をあまり感じませんでした。

逮捕まで読書をしない経営者であったことは驚きでした。

また堀江氏の現在の状況を作り出した原因は

法に対する認識不足、経営力の未熟さにあったのではないでしょうか。

一方で堀江氏の主張から、

報道の様々な嘘や「出る杭は打つ」ような日本の風潮に問題を感じ、

また権力の恐ろしさを感じます。

日本の起業について考えさせられる内容でした。

とても読みやすく、考えさせられる一冊でした。



ブログランキングに参加しています。
参考になったなぁと思われたら、
↓ご協力をお願い致します。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村



posted by kenbook at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。